お城めぐり

ちびっこ同伴で気軽に行けるお城(+神社仏閣、古い遺跡)の記録。ちびっこ連れでの個人的な感想と難易度を★であらわしてみました。

入山城

f:id:henrilesidaner:20181230104828j:plain

入山城に行ってみた。数年前にも一度来たことがある。

f:id:henrilesidaner:20181231152803j:plain

前回来たときにはこういう張り紙↑があったが、今回はなくなっていた。ポケストップなどがあったわけではないし、多分ここまで探しに来るような人もいないのにーと思ったよ。やっぱり誰も来なかったんだな。

前回来たときと同様、今日も人っ子1人居ない。

f:id:henrilesidaner:20181230115243j:plain

山の麓には↑こんな感じで道らしきものがあった。しかし、よく分からんので前回と同じように給水施設から登ってみた。こっちの方が車を駐めるスペースもあるしねー。

 

↓前回

f:id:henrilesidaner:20181231152804j:plain

↓今回

f:id:henrilesidaner:20181230104901j:plain

季節がだいぶ違うねー。

お城は正面左に見える、こんもりした山の中にあるらしい。一応、千曲市が史跡指定しているが、登山道なしとのこと。ここから普通に道っぽいのあるじゃん。などと安易に考え、前回は途中で脱落したのよね。そんな経験がある為今回は1人で来た。

f:id:henrilesidaner:20181230104840j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230104847j:plain

↑北側は急斜面。

f:id:henrilesidaner:20181230104956j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230105029j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230105047j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230105054j:plain

目印のピンクのテープがあるものの、途中で消える。この辺りはまだ人の手が入っている雰囲気。

f:id:henrilesidaner:20181230105115j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230105145j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230105205j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230105355j:plain

適当に歩を進めて行く。徐々に獣の足跡ばかりが目立つようになってきた。

f:id:henrilesidaner:20181230105431j:plain

最早人間が手入れしている気配がない。前回はこの辺りで断念。子供は歩けないだろ、こんな場所。

f:id:henrilesidaner:20181230105824j:plain

↑登ってきた後ろ

f:id:henrilesidaner:20181230110116j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230105909j:plain

もうちょいでお城に着きそうなので、なんとか頑張る。獣の足跡すら消えてしまった。山の生き物ですら敬遠しちゃうような斜面なのかー? 意地でも登ってやるー。

f:id:henrilesidaner:20181230110119j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230110218j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230110408j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230110455j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230110622j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230110636j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230110644j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230110641j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230110646j:plain

斜面を登り切ると、急に明るくなった。着いたらしい。

f:id:henrilesidaner:20181230110745j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230110808j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230110831j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230110846j:plain

石積み? 石が並んでいるように見える。ただの石がゴロゴロ積み重なっただけかなー? 少し不自然な感じ。

f:id:henrilesidaner:20181230110747j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230110908j:plain

見えてきた場所が4の郭。ここには祠があった。

f:id:henrilesidaner:20181230110925j:plain

祠には神様がもういらっしゃらないのか、誰かお参りに来ている様子もない。荒れている。ただ、先ほどの急斜面と違ってこの平場は動物達の憩いの場になっているらしく、コロコロうんこがたくさん落ちていた。なるべくならうんこ踏みたくない。そんな願いもむなしく、そこら中にうんこが落ちていた。諦めた。私はこの日、一生分のうんこを踏んだと思ったよー。

f:id:henrilesidaner:20181230110929j:plain

4の郭とお隣の本郭との間には堀切があった。意外と深い堀切で、これだけで満足したわ。

f:id:henrilesidaner:20181230110931j:plain

どちらかというと、北側(恐らく館があったと思われる方向)の方がしっかりとした造りで、南側は防御が甘い感じ? 郭の連絡路は南側にあったのかな。 

f:id:henrilesidaner:20181230110946j:plain

祠は「蚕」「稲荷」の文字だけ分かった。蚕という文字があるところを見ると、祠は明治以降の新しいものかもしれない。どちらにしろ、祠があるぐらいだからどこかに道があるはずだよね? 私が侵入した経路が間違っているんだけども、最初に見た道らしきものがココまで繋がっているか確信持てず。

f:id:henrilesidaner:20181230110948j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230110950j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230111032j:plain

お隣の本郭に移動しようと思う。

f:id:henrilesidaner:20181230111224j:plain

南側から移動。

f:id:henrilesidaner:20181230111225j:plain

堀切の中から。

f:id:henrilesidaner:20181230111300j:plain

本郭に到着。

f:id:henrilesidaner:20181230111323j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230111325j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230111342j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230111335j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230111337j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230111342j:plain

さっきよりもずっと広い。

腰郭のようなものが↓

f:id:henrilesidaner:20181230111351j:plain

北側には土塁↓

f:id:henrilesidaner:20181230111353j:plain

仮想敵は北側に住んでいたんかね? 南側は誰も攻めてこないの? 大丈夫なのかねー?

↓本郭から見た4の郭

f:id:henrilesidaner:20181230111331j:plain

高いねー。

 

f:id:henrilesidaner:20181230111357j:plain

次の郭へ移動しよう。

f:id:henrilesidaner:20181230111405j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230111422j:plain

ところが次の堀切が異様に深い。これどうすんだよ、登りにくいな、などと考えてとにかく南側に目をやると。

f:id:henrilesidaner:20181230111424j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230111425j:plain

土橋というやつなのかね? 道らしきものがある。

f:id:henrilesidaner:20181230111427j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230111452j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230111455j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230111513j:plain

 

f:id:henrilesidaner:20181230111547j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230111549j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230111551j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230111607j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230111611j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230111618j:plain

2の郭に到着↓

f:id:henrilesidaner:20181230111638j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230111643j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230111650j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230111652j:plain

特に何も残っていないようなので、次へ。

f:id:henrilesidaner:20181230111701j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230111706j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230111724j:plain

ここの堀切も中々深い。

f:id:henrilesidaner:20181230111727j:plain

3の郭に到着↓

f:id:henrilesidaner:20181230111830j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230111831j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230111833j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230111838j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230111844j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230111959j:plain

後ろを振り返ると、それぞれの郭が駱駝の瘤のようにヒョコヒョコと見えていた。それだけ堀切が深いということなのかもしれない。感激してしまった。

でも、このお城目立った活躍はしていなさそう。標高は低い、城主もよく分からない。すんごい堀切深くしてるのにさ、何か勿体ないね。

f:id:henrilesidaner:20181230112009j:plain

3の郭は細長い感じ。

f:id:henrilesidaner:20181230112022j:plain

奥へ進んでいくと。

f:id:henrilesidaner:20181230112029j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230112039j:plain

最後の堀切きた。この貧弱な堀切を渡ると。

f:id:henrilesidaner:20181230112041j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230112052j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230112101j:plain

謎の盛り上がりが。

f:id:henrilesidaner:20181230112120j:plain

見た感じ、土塁とかではなさそう。自然に出来るものではないので何かの施設?

f:id:henrilesidaner:20181230112130j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230112156j:plain

この盛り上がりはフッと消えてしまった。もうこの先、何もないようなので帰ることにする。

f:id:henrilesidaner:20181230112402j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230112422j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230112437j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230112450j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230112501j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230112510j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230112525j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230112532j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230112544j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230112422j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230112553j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230112602j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230112620j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230112709j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230112752j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230112755j:plain

↓本郭より善光寺方面(北側)

f:id:henrilesidaner:20181230112759j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230112805j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230112807j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230112809j:plain

↓本郭より出浦城方面(南側)

f:id:henrilesidaner:20181230112818j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230112838j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230112928j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230112930j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230113024j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230113052j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230113054j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230113110j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230113114j:plain

あっという間に4の郭下まで戻った。お城の規模は小さい。密度が濃い。市の史跡に指定されていることに納得だよ。凄く綺麗な状態だなと思った。

f:id:henrilesidaner:20181230113137j:plain

問題はここから。斜面を降りるの嫌だな。うんこ踏みまくったから気分的には「どうにでもなぁれ」なんだけど、転んで雪まみれになったり怪我するのは絶対に避けたい。重要度としては、うんこ<怪我だよ。

f:id:henrilesidaner:20181230113144j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230113203j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230113208j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230113231j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230113940j:plain

f:id:henrilesidaner:20181230114213j:plain

怪我せず転びもせず、なんとか降りられた。やったー。

その後は麓まで降りた。

麓には見性寺というお寺さんがある。

f:id:henrilesidaner:20181230115413j:plain

扁額が「第一義」だった。仏教用語で究極の真理という意味らしい。なんかで見たなと思い、考えてみたら昔行った新潟の林泉寺の扁額と同じ言葉。高田の老舗和菓子屋さんで「第一義」という名前の羊羹が売っていて、それを買ったんだった。

 

お城のある山の近くには、路傍にこんな石柱があった。

f:id:henrilesidaner:20181230115534j:plain

この辺りは古い道がいくつか交わっている交通の要衝だったようで、入山城は街道監視のお城だったらしい。↑の石柱には

西 松本麻績道

東 坂城道

北 八幡善光寺

とあった。

 

更に道を行くと、

f:id:henrilesidaner:20181230115845j:plain

馬頭観音が立ち並んでいた。

明治という年号が入っているものがあり、そんなに古くないと思うんだけど。いずれ埋もれて自然に還りそう。

 

 

★★★★☆

とても良かった、麓の道?から登れば楽勝だったのかな



<入山城>

築城年 不明

築城主 入山氏?

構造 山城